ヘルスケア

いま話題の「GLP-1ダイエット」って本当に効くの!?サプリメントを選ぶ時には注意が必要!?

最近は、本当に多様なダイエット商品が販売されていますよね。

化学的根拠が不十分なまま世に出回っているものも多く、ほとんどは効果がなく、化学物質などの過剰摂取により体調不良を訴える報告も多数あります

そんな中、これはいいんじゃないか!?と今注目を集めているのが「GLP-1ダイエット」です。

いったいこれは何なのか、本当に痩せるのか、安全性は認められているのか、医学的根拠を元に解説していこうと思います。

GLP-1ダイエットとは何なのか

GLP-1というのは小腸で作られるホルモンのことです。食べ物を食べることで私たちの体が反応して分泌されます。

このGLP-1にはさまざまな作用があり、それらが血糖値減少体重減少につながると考えられています。

GLP-1の受容体という作用するポイントを活性化してあげるというはたらきをもつものがGLP-1受容体作動薬になりますが、わかりやすくこのままGLP-1と言っていきます。

実際にGLP-1が米国などでは医薬品として承認されており、糖尿病患者や肥満患者への治療薬として使用されています。

このGLP-1を注射することでダイエットを成功させようというのがGLP-1ダイエットになります。

もともと糖尿病治療薬として使われていたGLP-1

血糖値の話が出てきたときに、切り離せない病気と言えば糖尿病ですね。血糖値が多すぎると糖尿病と診断され、血糖値を下げる薬が処方されます。

糖尿病というのは甘いものの食べ過ぎや運動不足などによって体内に糖分が大量にある疾患を言います。

糖尿病になると心筋梗塞動脈硬化などのリスクが上がることから、血糖値を下げて糖尿病を治療することはとても大切です。

私たちの体には血糖値をホルモンはいくつもありますが、逆に下げるホルモンはインスリンのみになります。

このインスリン量を補ってあげることが糖尿病の治療では有名です。

GLP-1は膵臓のβ細胞に作用して、そこから産生されるインスリンの分泌を促進します。

またGLP-1には心臓を保護する効果もあります。

このような作用を持つためGLP-1も糖尿病治療薬になっているのです。

糖尿病治療の検査値として糖化ヘモグロビン(HbA1c)値があり、これを下げることを目標としていますが、多くの臨床研究でGLP-1療法によりこのHbA1cが0.9~1.6%減少しました。

血糖値を下げる事と体重減少効果とは

体重が減ると可溶性レプチンが増えて体が体重を増やそうとします

GLP-1には可溶性レプチン受容体の成長を抑制することで食欲を低下させることが知られています。

また、胃から食べ物をゆっくり排出することで余計なエネルギー摂取を控える作用もあります。

これらの作用などによりBMI(肥満度指数)が高い人や中性脂肪が高い人がBMI・中性脂肪値を改善することが出来るというわけです。

こちらも多くの臨床研究があり、体重が0.2~7.2㎏減少することが示されています。(参考:https://www-ncbi-nlm-nih-gov.kras1.lib.keio.ac.jp/pubmed/30944827

GLP-1は一般的には注射で摂取

GLP-1ダイエットと検索して、よく出てくるのはクリニックなどで行われている1本○○円や5本セットで○○円という注射によって体内にGLP-1を注入するダイエット法です。

注射なんて聞くと、なんだか怖いですよね。予防接種を想像すると痛いし怖いし苦手な人も多いのではないでしょうか。GLP-1などが注射で出されることが多いのには理由があります。

実はインスリンやGLP-1は口から入れても胃や腸などの消化管で消化されてしまうのです。そうなると飲んでも効果を発揮できず体からなくなっていってしまいます。

その問題を解決しようと、消化されないように薬をコーティングしたりなど製剤的なアプローチが現在も盛んに行われています。

経口のGLP-1受容体作動薬がアメリカで承認

なんと2019年9月20日にGLP-1の錠剤「セマグルチド」がアメリカの米食品医薬品局(FDA)で承認されました。

(参考https://www.novonordisk.co.jp/content/Japan/AFFILIATE/www-novonordisk-co-jp/Extweb/news/2019/07/24/19-17.pdf

口から飲める初めてのGLP-1の薬です!

この製剤は胃での吸収を高めることで生体内での薬の利用率をあげ、口から飲んでも効果を発揮できるようにしたものです。

日本でも2019年7月24日に経口セマグルチドを2型糖尿病治療薬として製造販売承認申請を行っているため、承認されるまであと少しでしょう!

EUやカナダでも承認申請が行われており、世界中でこの経口薬が注目を集めています!

世界初にして唯一のGLP-1受容体作動薬が今後普及していけば、いずれ肥満患者への適応も期待でき、ダイエットにも使われるようになってくるかもしれません。

GLP-1サプリメントには要注意!

医薬品として製造販売承認が続々と期待されているGLP-1受容体作動薬ですが、これだけ話題になり、ダイエット商品のブームも来ているわけですから、きちんと認可されていないおかしなサプリメントなんかも登場してきかねません。

サプリメントには有害物質がたくさん入っていたり、成分の過剰摂取による健康被害も多く報告されているため注意が必要です。

また、2型糖尿病治療薬として承認されたとしたら、肥満治療では保険適用となりませんので、高額な治療費を払わないといけないということになります。

そのあたりも、ご自分のお財布と相談して勢いだけで治療を開始させないように気をつけましょう。

まとめ

さまざまな優れた機能を持つGLP-1がどんどん身近になってきているというのは、ダイエットや健康を気にする全ての人にとってとてもいい知らせです!

私たちに求められるのは、新薬などの登場に期待しつつも正しい情報を集めて、正しいアプローチで健康を保つ力です。

間違った方法や、無茶な方法で、健康を損ねることがないように気を付けていきましょう。

ABOUT ME
レナ
レナ
seemyライターのレナです。都内の薬学部に通う傍ら、健康系のコンテンツを正しく、分かりやすく伝えるため、執筆活動に励んでいます。