ヘルスケア

ヒアルロン酸のウソとホント「ヒアルロン酸入りコスメはどうやって選べばいいの?」

みなさんこんにちは、Seemy編集部のレナです。美意識が美意識が高まる現代社会では、お肌のケアは欠かせませんよね。 肌がきれいということはそれだけでその人の魅力をあげるものです。最近は色んな商品が出回り、「化粧水は○○たっぷりのものを!」との成分に着目する人も増えています。

中でも、ヒアルロン酸は、様々なコスメ用品に使われている成分です。皆さんの家庭にもヒアルロン酸入りの化粧品があるのではないでしょうか。

ヒアルロン酸がどうして肌にいいの?化粧品を選ぶ際は何に気を付ければいいの?という疑問に答えるために、多くの化粧品の中に含まれているヒアルロン酸についてわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

そもそも肌はどんな仕組で老化するの?

皮膚というのは言わずもがな、人体最大の器官ですね。皮膚には、表皮・真皮・皮下組織の3つの層があります。

真皮は細胞外マトリックス(ECM)と線維芽細胞で構成されていて、このECMの主要成分は、コラーゲンです。皮膚の老化過程にで、これら3つの成分は変化していき、真皮への変化が最も大きく起こります。

コラーゲンが老化によって断片化され、量が減少することでECMと線維芽細胞がうまく相互作用しなくなり、その結果真皮の線維芽細胞のサイズが縮小ししわなどができます。これが肌の老化のメカニズムです。

皮膚の老化は、内因性および外因性の2つのカテゴリに分類できます。

・ 内因性の老化とは、体の内部の変化によるもので主に加齢とともに起こり、肌には細
かいしわが出来て、皮膚の構造が薄くなります。

・ 外因性の老化は主に日光曝露によって引き起こされ、深いしわ、皮膚のたるみ、色素
沈着を特徴とします。

もっと詳しく!

コラーゲンの断片化とコラーゲンの生合成の減少は、MMPというプロテアーゼによってTGF-βシグナル伝達という一連の反応が阻害されることで起こります。そしてMMPレベルは活性酸素によって増加し、活性酸素は紫外線照射や生体内の代謝過程でも生成されます。こうして真皮が老化すると、その老化した細胞は多くの活性酸素を生成し、これによりMMPの発現がさらに増加し、さらに真皮の老化を加速してしまいます。 (ncbi)

ヒアルロン酸とは

それでは、ヒアルロン酸について紹介していこうと思います。「ヒアルロン酸」とは二糖類がいくつも連結した構造をしており、高分子二糖で連結される非硫化グリコサミノグリカンのことで、動物や人体などに豊富に存在します。

図に示した構造が10000個以上繰り返しつながったものがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、細胞外マトリックス分子の合成および表皮細胞と周囲環境との相互作用に重要な役割を果たします。

わずか1gで約6Lの水を保持できるほど、ヒアルロン酸は保水性に優れています。ヒアルロン酸は、美容目的だけでなく、様々な病気の治療にも利用されていて、抗炎症・創傷治癒・組織再生・免疫調節さらには糖尿病治療にも関わっており、さまざまな生物学的プロセスを調節し、体内の恒常性を維持する上で多面的な役割を果たしています。

ヒアルロン酸の肌への作用

もともと私たちの皮膚に存在しているヒアルロン酸ですが、年齢とともにその量は減っていってしまいます。若々しい肌には、真皮に大量のヒアルロン酸が含まれているため、水分が補給されますが、成人になるまでにこの量はベースラインの5パーセントまで減少します。

それを補うために化粧品によってヒアルロン酸を肌に与えていくわけです。

ヒアルロン酸は先ほど説明した通り、同じ構造が何回も繰り返し結合している分子なので、色々な大きさのヒアルロン酸が存在します。

大きなサイズのヒアルロン酸は皮膚の隙間に入ることが出来ず、分子量が50-130kDa(キロドルトン)の範囲の中~小分子のヒアルロン酸が肌に浸透しやすいと言われています(ncbi)。

ヒアルロン酸による皮膚の水分補給はしわの形成を遅くし、加齢により既に出来てしまったしわを改善します。 また、ヒアルロン酸には抗酸化作用があり、活性酸素を中和することも明らかになっています。(jstage)

ヒアルロン酸の皮膚の水分補給と抗酸化効果は、栄養補給効果により細胞再生を促進し、コラーゲンの産生を刺激します。

ヒアルロン酸の3つの効果

・水分補給でしわを改善

・コラーゲンの産生を刺激

・抗酸化作用により活性酸素の中和

ヒアルロン酸入り製品を購入する際に注意すべき事

それでは、巷にあふれるヒアルロン酸製品を選ぶ際の注意すべきポイントをまとめたので、購入の際の参考にしてみてください。

アレルギーのリスクは低いものの

ヒアルロン酸はもともと生体に存在するため、無毒で悲感作性です。つまりアレルギー反応のリスクはほとんどありません。アトピー性皮膚炎の治療のための保湿剤としても使われている事もあります。しかし、製品によっては、その他の成分によりアレルギー反応が出たり、お肌に合う合わないはあるので注意が必要です。

飲むヒアルロン酸は意味がない

ヒアルロン酸を食品やサプリメントで口から摂取しても残念ながらそのヒアルロン酸は肌にいいということは明らかになっていません。これに関しては相反するデータがありますが、一般的には効果はないと考えられています。ヒアルロン酸は高分子であるため、小さく断片化されてから腸管から吸収されます。多糖なので消化により分解されると糖が増えていくだけなのです。

ヒアルロン酸の生成は普段から生体内で行われているため、それを促進するビタミンを含む野菜や果物を食べた方がよっぽど肌にいいでしょう(joa)。

よく見る3種のヒアルロン酸配合って何?

ヒアルロン酸に重点を置いた化粧品だと「3種類ものヒアルロン酸が配合されている」ということをアピールポイントにしていることもあります。

この3種類というのは,ヒアルロン酸ナトリウム,加水分解ヒアルロン酸,アセチルヒアルロン酸ナトリウム(別名:スーパーヒアルロン酸)になります。

上記の2つは先ほど話した分子の大きさの話ですね。ヒアルロン酸ナトリウムはいわゆる大きい分子で、2000kDaの分子量のものもあるため、ヒアルロン酸がもともといる真皮までは届くことが出来ません。

ですが、そのままのヒアルロン酸でも皮膚表面にはつきますので、保湿効果や弾性特性(肌のモチモチ)を高めることは出来るとされています。

また、これは医薬品として目の治療にも使われていたりします。生体内と同じ物質であるため安全性の高さから使われていると考えられます。

ヒアルロン酸を加水分解して小さくしたものが、加水分解ヒアルロン酸です。小さくすることで効率よく皮膚に浸透するため、しわの改善能力が高いと言われています。

異なる分子量(50, 130, 300kDa)のヒアルロン酸分子が入ったクリームを女性ボランティアに60日間毎日2回塗り皮膚のパラメータを評価し分子量による効果の違いを明らかにした研究もあります。

一応注意したいのは、もともとのヒアルロン酸の大きさも色々あり、それをどの程度加水分解しているかも商品などによっても変わってくるということです(avenalab)。

続いてアセチルヒアルロン酸ナトリウムについてですが、これはもとのヒアルロン酸ナトリウムの一部をアセチル化という処理をすることによって皮膚への親和性を高めた物質です。これにより保湿効果が増強され、肌が柔らかくなるわけです。

また、ヒアルロン酸は保湿効果のためにべたつきが気になるというデメリットもありますが、アセチルヒアルロン酸は有機溶媒に溶けやすくさっぱりとした使用感になるなどの利点もあります。

このようなことから別名スーパーヒアルロン酸と呼ばれているんですね(jstage)。ただ、化粧品にはどのヒアルロン酸がどのくらい入っているというのは書かれていないので、これで優れた化粧品かを判断することは難しいでしょう

値段が高いほどヒアルロン酸の効果があるとは限らない

デパコスのように高価な化粧品やドラッグストアにもあるプチプラな化粧品など、価格帯はさまざまですね。高価なほど効果も倍増していくのなら、出せる範囲でいい化粧品を買い求めると思います。

ですが、これに関しては明確な違いがあるといった報告は見つかりませんでした。ある研究では、眼の周にしわのある20人の女性を4つのグループに分け、4つの異なる価格帯のヒアルロン酸入りのクリームを3か月使い続けてもらいました。

結果は、すべてのグループで皮膚の弾力性と圧迫感が13〜30%大幅に改善し、しわの深さが10〜20%大幅に減少し、すべての治療患者で水分補給レベルが改善しました。

満足度もグループⅡのみ中程度、他の3グループで満足と価格による満足の変化はあるとは言えない結果になりました。なんでも高ければいいってわけではないようですね(springer.com)。

まとめ

ヒアルロン酸の保湿力や抗しわ作用はの臨床試験で明らかになっています。肌の老化の仕組みを知り、どんな機能があるものなのかを知っていれば、下手な宣伝に乗ってしまい、高額な化粧品にかけなくてもいいお金をかけてしまうことは防げると思います。

よい食生活・睡眠・ストレスフリーといった生活習慣の改善や、紫外線予防・乾燥予防をしっかりして、いつまでも若々しい肌でいましょう!



ABOUT ME
レナ
レナ
seemyライターのレナです。都内の薬学部に通う傍ら、健康系のコンテンツを正しく、分かりやすく伝えるため、執筆活動に励んでいます。